デブという言葉をポジティブワードに変えたい

Say!こんにちは!

大きいサイズのメンズ服専門店
QZILLA by Mr.Blissのマイコーです。

前回の予告で、ブランド名の由来を書くとなってましたが、
そんな気分では全くないのでタイトル通りデブという言葉の意味を変えて世の中を牛耳りたいとおもいます。

デブの由来は何でしょうか?

まず、デブの由来は当店ブログでも書かさせていただきましたので詳細は割愛しますが
ダブルチン(二重アゴ)⇒でぶちん⇒デブ
これが濃厚と言われております。

これだけの意味だと、やっぱりデブは二重アゴ!と言ってるのと同じで、ネガティブな要素と思われそうです。
でも二重アゴってそもそもネガティブなことでしょうか?

瞳で例えてみましょう。

一重よりも二重の方が良いイメージがあります。なんなら一重の方が二重に手術やアイプチをする人までいます。
これはもう・・・Deboo!JAPANの読者ならもうお分かりですよね。
アゴも一緒なんです。一重より二重のが良いイメージがある!と言えば良いのです。思えばよいのです。
「にじゅうアゴ」と呼ぶからダメなわけで

「ふたえアゴ」

ほら、なんだか素敵で奥ゆかしくないですか?


▲見よ。この美曲線。これぞ本物の「ふたえアゴ」

今日から周囲の人々に、俺(私)のアゴは「ふたえ」なんだぜ?と言いましょう。
まだひとえアゴの人は、すぐにアイプチならぬデブプチをすることをオススメします。
もうデブなのかプチなのかよくわかりませんが、
由来であるダブルチンも素敵ワードに早変わりしたことは間違いないでしょう。

ニッポンの将来とデブの関係性

そもそも細い奴らに、これからのニッポンを任せられるのか?
今のニッポンは素晴らしく海外に負けっぱなしです。
なんでも、中国の携帯電話会社が日本工場で作らせるという、今までとは逆の立場になりました。
背景に、人件費が中国とあまり変わらなくなってきたうえに、まじめにコツコツ正確に仕事をするからでしょう。
中国は、長期休暇が終わったら人が戻ってこないのは珍しいことではないらしいです。
これで良いのかニッポンの侍たち。
色々と危機です。危機感をもってください。

これを救えるのは、そう、デブです。


▲ニッポンの将来を背負った表情をする侍たち。

なぜなら、

デブはよくご飯を食べる⇒米の消費量が増える⇒農家が忙しくなるが人が少ない⇒農家儲かる事にきづく企業続出⇒今以上に農業にIT導入⇒システム開発に精を出す⇒海外にIT農業を売り込む⇒ニッポンの経済がまわりはじめる⇒ニッポン凄い⇒宇宙凄い⇒デブ神


▲写真は彼にとってライス小を凄まじい勢いで消化している様子です。

上記に踏まえ米だけではなく漁業・酪農業などの技術的革新が目まぐるしくなります。
しかもデブは食べ残さない。
まったく無駄のない消費者でもあり、何事も平和的に解決する能力にも長けています。

デブ=ポジティブワード 間違いありませんね。

でも実際デブって言ったら怒られそう・・・

そもそもデブの皆さんは温厚です。だからそんな小さな事では怒りません。
どうしても言いづらいですか?仕方ありませんね。
マイコーが正しいデブワードの使い方をレクチャーしましょう。

ネガティブワード
「あいつふてぶてしいなぁ!」

ポジティブワード
「あいつでぶでぶしいなぁ!」
※たくましい・男らしいという表現

ネガティブワード
「ヤル気がでない!」

ポジティブワード
「ヤル気がでぶい!」
※ヤル気があるという最上級の表現

ネガティブワード
「ダイエットしなきゃ・・・」

ポジティブワード
「デブエットしなきゃ・・・」
※ダイエットは不健康な人がすること。デブエットは太って男らしくなりたいという表現

ネガティブワード
某議員「このハゲ~~~~~!違うだろ!ちーがうだろ!」

ポジティブワード
某議員「このデブ~~~~~!違うだろ?ちーがうだろ・・・?」
※決してハゲをネガティブとして捉えたくはないですが、某議員が暴言としてこのワードをつかってましたのでネガティブとします。ポジティブワードは怒られてる気が全くしませんし、言ってる方も、何が違うのかもわからなくなりそうです。

デブディズムな服装を心がけて。

素敵ですよね。平和ですよね。
読者の中にどれだけのたくましいデブがいるかどうかわかりませんが、
たたみかけるように、当社の宣伝をします。

絶対に服装には気をかけてください。ラクそうな服選びも良いのですが、
デブディズムになりたければQZILLAの服を着てください。
え?デブディズムが何かって?

デブディズムはダンディズムの最上級ですよ。

コーディネートがめんどくさい?
関西圏ならQZILLAにお越しください。貴殿のためにオフィスにて試着サービスを行いますのでご相談ください。運が良ければ意識の高いデブに出会えますよ。彼もまた、デブディズムですからね。

関西圏じゃない?LINEでご相談ください!
LINE相談はコチラ
関西圏の方もLINEにて試着させて~とおっしゃって頂ければご準備致します!
ぜひお気軽にお越しくださいませ。

我々QZILLA(クジラ)ブランドが
デブをポジティブワードに変えてみせますよ。

そう、QZILLAならね。(アップル風)

//////////////////////////////////////////////////////////
次回予告 今度こそブランド名の由来を深堀
/////////////////////////////////////////////////////////

マイコー

マイコー

投稿者プロフィール

紙・WEBデザイン業界に約12年携わり、レディースアパレルブランド運営会社にてECサイト・ビジュアル全般のディレクターとして6年在籍後、株式会社Mr.Blissを起業し、大きいサイズメンズ服専門店QZILLA by Mr.Blissを立ち上げる。

この著者の最新の記事

Deboo!NEWS

ページ上部へ戻る