ステーキのようなハンバーグ、それが「炭焼きレストランさわやか」のげんこつハンバーグ

こんにちわ、ねっしーです。

新年早々とあるレストランを目的とした旅行をしてきました。

その目的地が・・・

静岡県民が愛してやまない

炭焼きレストランさわやか

さっそく紹介していこうと思います。

まず最初に言っておくと、さわやかは時間によって異なりますが

めちゃくちゃ並びます。

今回訪問したのは浜松高岡店と焼津店。
浜松高岡店は11時過ぎに行って30分待ち。
焼津店は14時過ぎに行って30分待ち。
お昼は夜のピークには2時間待ちなんてこともザラにあります。

この時期は寒いので皆予約をして車で待機しています。なので行列はほとんどないですが、待ち時間は相当ある、なんてこともあるのでご注意ください。

浜松高岡の店内はこんな感じ。

この昭和感漂うポスターはなにかこだわりを感じます。

テーブルには、胡椒と岩塩

デザートメニューの書かれた紙。

最初はただのランチョンマットかな?と思ったのですが実は重要な役割があります。

それは後程。

メニューをチラ見もせずに、げんこつハンバーグを注文

(メニューを取り忘れたわけでない)

運ばれてきたのがこちら

そして、ここから店員さんによる最後の仕上げが始まります。

半分に切り分け

切った面をアツアツの鉄板に押し当てる

写真のブレからもわかるようにとにかく素早い。

そして、とんでもなく油が飛び散る。

これをガードする役割を果たすのが先ほどのランチョンマット。

仕上げをする際に店員さんにお願いされるので必ず従おう。

仕上げにソースをかけて完成

ソースをかけずに食べたい方は、店員さんに尋ねられた際に断ろう。

ソースをかけていないバージョンがこちら。

ソースをかけたバージョンがこちら。

一口サイズに切り分け、食べる。

口に含むとジュワーと肉汁があふれる。

そしてハンバーグなのに、

ステーキのような肉を食べてる食感

ソースをかけずに、テーブルにある塩と胡椒を使うのもおすすめだ。

ごちそうさまでした!


追記

夜に別のお店で見つけたこちらの本
なんて心が引かれるタイトル
アマゾンで購入できるようなので買ってみたい。

↓このお店にあったのは2015年度版のようなので最新版も紹介↓

アバター

ねっしー

投稿者プロフィール

旅先で食べた物、近所を徘徊して食べた物をゆるく紹介

面白さはないかもしれない

この著者の最新の記事

Deboo!NEWS

ページ上部へ戻る