天満橋「宝喜」にある牡蠣と白子の坦々鍋が暴力的にうまい!

南森町〜天満橋エリア、普段の行動範囲から微妙にずれているのであまり立ち寄らない地域ですが、このエリアは名店が多いんですよね。

コスパ抜群でおいしい焼肉の万両は有名ですが、その他にも隠れ家的名店がたくさんありんす。今日はそんなエリアのおいしい中華料理のお店を紹介したいと思います。

それがこちら、


鶏料理と沖縄料理のハイブリッド提供でお馴染み「鶏と島ごはん パナリ堂」さん。

 


の隣にある「中国家庭菜館 宝喜」だ。

こちらのお店は中華料理はもちろんのこと、鍋がうまい。その中でも坦々鍋が個人的には大好きです。僕自身はランチで訪れたことはないのですがランチもボリューム満点でおいしいと評判です。

ざっくりの値段はこんな感じです。担々鍋は現在レギュラーメニューから外れているので金額がわかりませんが、たしか1人前1400円前後だったはずです。メニューに載っていないですが一見さんでも尋ねたら出してくれると思います。

鍋を待つ間にビール片手に頼んでまず失敗しないメニューはこちら。


前菜3種盛り(680円)。メインがくるまでの繋ぎとして活躍します。ビールを飲みながらつまみます。

鶏ももパリパリ揚げ(580円)。皮はパリッパリで肉はジューシー。こちらもついついビールが進みすぎちゃいます。


春巻き(480円)

まったくフォトジェニックな割り方ができませんでしたがおいしいです。春巻きを食べる頃には生ビールも3杯目にさしかかっていると思います。

そして満を侍して登場するのがこちら。


かきと白子の担々鍋(2人前で3000円くらい?)です。

ちなみにお鍋の右奥にたまたま入り込んでしまった物体は、ネピアという質のいいティッシュです。


この鍋はもう運ばれてきた時点でうまいと確信します。ワクワクが止まらない。

スプーンを鍋につっこみ適当にすくうと白子がついてきました。

もうひとすくいすると牡蠣も水揚げされました。牡蠣も白子も想定以上にゴロゴロ入ってます。白菜や豚肉などもたっぷり入っています。

お皿に盛り付けていただきます。もう言葉は要らないが、敢えて言わせてもらうとすれば、全部うまい。

味の変化を楽しみたい場合は卓上にあるこちらの赤い粉をかけます。

少し投入しただけで禍々しく染まりますが、見た目とは裏腹に辛さは控えめで素材の味を損なわずおいしくいただけます。ほのかに感じる辛味でビールも進み、この頃には5杯目に突入してる頃合いかと思います。

つわものどもが夢の跡。あんなにたくさん具が入った鍋もいずれは空になります。しかしこれからが本番。空になったタイミングで〆の麺を注文します。ちなみにこの残り汁が抜群にうまいので〆がくるでの間、ちびちびと飲むとこれまたビールが進みます。


麺を投入。IQ150以上ある方ならもしかしたらこの時点でピンときた方もいるかもしれない。

坦々鍋に麺を入れる。

そう

これはつまり…

 

 

 

だ。

 

 

 

不味いわけがない。

 

軽く一煮立ちさせたらお皿によそって食べる。

 

ごく控えめに言って最高だ。

 

写真の麺は2人前ですが、1人で4人前は食べたくなります。お腹いっぱい食べてお値段は2人で10000円弱。アルコールを頼むとそこそこ金額が跳ねてしまいますが料理はリーズナブルなものが多く、がっつり食べたい人にオススメなお店です。先日訪問した際はカウンターで食べていたのですがお水だけで料理のみを楽しむお客さんもチラホラいました。日本の四季の中で比較的涼しいこの時期、心も体も温まるお鍋なので天満橋へお越しの際は訪問を検討してはいかがでしょうか。

〜次回予告

牡蠣といえば北新地のあの店を外すことはできまい。


↓天満橋界隈のお店情報はこちら↓

おきなわステーキ酒場「さぎり」で塊肉を食べてきた。

朝から超絶腹が減ってたのでボリューム満点のとん汁食ってきた

摩擦メキシカン

投稿者プロフィール

Twitterで色んなbotの中の人をしてます。
自薦、他薦問わず美味しいお店情報などありましたら[info@deboo.info]までタレコミお待ちしております。(お仕事の依頼は不要です)

この著者の最新の記事

Deboo!NEWS

ページ上部へ戻る