尼崎南警察署に出頭しました。

警察署、それは善良な一般市民にとっては免許の更新など人生で数えることしか行かない場所です。
あの無機質な建物の威圧感、建物内は独特な緊張感があり、極力行きたくないところです。

まさかそんな場所にワクワクしながら訪れる日が来るとは夢にも思っていませんでした。

image尼崎南警察署です。

image警察署に入り、右手に進むとまず署長室がありました。偉い人の部屋というのは通常は階上の奥にあると思っていましたが、尼崎南警察署は違いました。市民と近い位置に部屋がある、署長の人間性が見えてきます。

image今回、特に署長に用事があるわけではないので素通りし、光の射す方へ向かいます。

imageまばゆいばかりに光り輝くその先にあるものは、

image食堂です。目的地へ到着しました。

image
お昼時だったのですが貸切状態でした。事前に確認はしていましたが念のため一般人でも食べて大丈夫か訊ねたら全然オッケーとのこと。

imageテレビではワイドショーとか流れてる昔ながらの食堂。食べログにも載っていませんでした。

image奥ではタバコも販売してた。刑事とタバコはやはり相性がいいのでしょうかね。

image定食は全て500円。むちゃくちゃ安くないですか?単品のおかずもリーズナブル。
からあげ定食にしようか悩みましたが、昼御飯を食べた直後だったので今回はいわし煮定食(500円を)注文しました。

image単品のそばやうどんも懐に優しい価格です。

imageお茶はヤカンから注ぐ。これもグッときます。

厨房では大将が切り盛りし、パートのおばちゃん的な人が3人くらい手伝っている光景が見えます。学生時代、こういう雰囲気の食堂が好きでよく通っていたことを思い出しました。

imageいわし煮定食。これで500円はかなりお得じゃないですかね。

image玉子焼きも出来立て熱々。甘みよりは塩気が勝っている僕好みの味付けでした。

image骨まで食べられるいわしの煮付け。見た目以上に味が染み込んでいてご飯ともよく合います。欲をいえば、もう少しくたくたに煮込んだら1匹でご飯1杯食える最高のおかずになるかもしれません。

あっという間に完食です。

満腹の余韻を楽しんでいたらおばちゃんが話しかけてきます。いろいろ話を聞きましたが一番驚いたのはなんとこの店、朝は5時から営業しているとのこと。トーストのモーニングとかもあるみたいです。他にも人気メニューなどいろいろ聞いたので再訪した際にでもレポートしようと思います。

ちなみに夕食はやっておらず大抵17−18時くらいに閉めるそうなのでご注意ください。近場にお住いの方だけではなく、罪を犯して出頭を検討されている方も是非立ち寄って貰いたい、そんな場所です。

〜次回予告
警察署や消防署内にある隠れた名店(食堂)を紹介していく

摩擦メキシカン

投稿者プロフィール

Twitterで色んなbotの中の人をしてます。
自薦、他薦問わず美味しいお店情報などありましたら[info@deboo.info]までタレコミお待ちしております。(お仕事の依頼は不要です)

この著者の最新の記事

Deboo!NEWS

ページ上部へ戻る