大阪王将の限定メニュー「極上黒チャーハン」が控えめに言って美味しかった。

皆さんは王将と言えば「餃子の王将」と「大阪王将」どちらを思い浮かべるでしょうか。

僕は「餃子の王将」でした。

王将
誰もが街中で一度は見かけているであろうこの看板。テレビCMでは「餃子一日百万個」というキャッチフレーズでお馴染み餃子の王将です。床がカーリングを開催できるレベルで滑るとか、厨房が汚いとか、研修がブラックであるとかそんなことは気にならない圧倒的な価格と味。若かりし頃から僕のお腹を満たしてくれた大切な存在です。

 

が、しかし。

 

そんな餃子の王将派の僕が大阪王将に鞍替えを考えてしまったメニューがあるので紹介したい。

image

大阪王将 梅田楽天地店

以前書いた記事「明太子食べ放題のランチを提供する「やまや」に行ってきた。」のすぐ隣のお店だ。

image今回紹介したいのはこの「極上黒チャーハン(680円)」

スタンダードな五目炒飯が480円なので200円も違う。もちろん五目炒飯も美味しい。だが極上黒チャーハンとの違いは結構大きい。

ひとまず餃子と極上黒チャーハン大盛りを注文すると、

image先に餃子が届きました。王将では割と珍しいことだと思います。

image
大阪王将は定番の餃子のタレとは別に味噌ベースのタレもあります。今回は食べませんでしたがとても美味しかったです。

image
そういえば大阪王将のラー油美味しいですよね。餃子はもちろんスープやレバニラとかに入れても美味しい。見た目ほど辛くはないしドバドバかけてもかなりイケます。
以前訪れた他店に書いてあったのですが、大阪王将のラー油は鉄入りラー油というらしいです。そのとき純粋に鉄ってなんだろう?と思い店員に訊いたところ

「安心してください、食べれます」

と、とにかく明るい安村みたいな返答をされました。(結局何が鉄なのかいまだにわかってません)

そんなこんなで餃子をぱくつきながら待っていると主役が登場してきました。

imageやばい、美味そう。

imageスープも付いてます。

imageとりあえず一口食べてみる。

image嗚呼、美味い。これを一言で表現するなら「柔らかくとろける角煮と中国醤油で味付けした本格炒飯」だ。

見た目と違い濃くなく、でも醤油の風味をしっかり感じられるチャーハン。それに角煮がね、美味しいんですよ。歯ぐきで噛み切れるトロトロ具合。ご飯もパラパラで美味しい。

image餃子を食い

image黒チャーハンをかきこむ。

 

ごく控えめに言って幸せだ。

 

ちなみに食べ終えた後の器には「このお皿もしかして油田が湧き出ているのでは?」と思う光景が広がっているのがグッとくる。写真は敢えて掲載しない。完食した者のみが確かめてほしい。

image大盛りにしたらピッタリ1000円。王将で1000円出すはかなりの大富豪だがこのクオリティなら致し方ない。もしかしたらこの「極上黒チャーハン」は関西限定、もしかしたら梅田楽天地店限定かもしれないけど、皆さんの街の大阪王将で見かけたら是非食べてほしいです。

〜次回予告
王将をデートで使ってみたら割と好評だった話。


↓梅田楽天地が好きならこの辺りの店も行ってほしい↓

一風堂って居酒屋感覚で活用したら最強の店かもしれない。

明太子食べ放題のランチを提供する「やまや」に行ってきた。


9月18日にKADOKAWAから意識の高いデブの書籍を出版予定!

CNqWGdtU8AEQcaK

Amazonのリンクはこちらから!

摩擦メキシカン

投稿者プロフィール

Twitterで色んなbotの中の人をしてます。
自薦、他薦問わず美味しいお店情報などありましたら[info@deboo.info]までタレコミお待ちしております。(お仕事の依頼は不要です)

この著者の最新の記事

Deboo!NEWS

ページ上部へ戻る