銭湯で起きた奇跡

先日、初めて塩サウナを体験しました。
JR環状線 京橋駅から10分ほど歩いた場所にある「ユートピア白玉温泉」という氷風呂が有名な銭湯で。

氷風呂の素晴らしさも語りたいですが、今日はこの銭湯で体験した奇跡の話を一つ。

塩サウナに入る前に久しぶりに体重を測ったんですよ。家に体重計を置いていないから普段測る機会が少なく、約半年振りの登壇になりまして。
(『はかる』を通して世界の人々の健康づくりに貢献している株式会社タニタさんから体重計の寄贈、いつでもお待ちしております。)

半年振りに計測された数字を見て感じました。

「はっはーん、これ日経平均と連動してるやつだな」

と。何のミクスかわからないですが、確実な成長を遂げてました。

振り返ればここ半年ほど日経平均油指数を大きく上回る油分を摂取してた記憶が頭をよぎります。やれやれ、これは命に関わるやつだなと思いながらも体重計を降り、軽くかけ湯をした後で友人イチオシとのことで塩サウナへ向かったんです。

 

塩サウナ、凄いですね!

 

尋常じゃないほど発汗し、体がみるみる干からびていくのがわかります。通常のサウナでは体験できない発汗量。まさに生命活動の危機を感じるほど汗を流しました。頭部から足先まで塩をまぶし、じっくり熱されたあの状態はまさにベーコン。それ以外の何物でもありません。

全身で発汗を感じ、限界が近づいたらさっとシャワーを浴びる。そしてまたベーコンを作る。塩を塗り込む。これを数回繰り返してみたら、

 

ビックリするほど肌がツルツルになります!

 

エステに通い詰めてるとしか思えないほど艶やか肌で世間を魅了する能年玲奈さんを軽く上回る、それくらい透明感ある肌になりました。

cover_s
出典:http://i-voce.jp/magazine_voce/?m=201502

残念ながら能年さんとは違い、僕の場合は全身ラードを塗りたくったような艶やかさになりましたが大満足です。

塩サウナでガッツリ汗をかいたので、水分補給も兼ねて脱衣所に戻りました。脱衣所に戻ると、目の前には先ほど成長を感じた体重計があります。

scales

どのくらい汗を流したか、少し気になったので試しに乗ってみました。

 

2kg減ってました。

 

正直引きました。でも同時にこれは凄いな、そう思ったんです。

妙齢女子が「2kg太っちゃった><」とか嘆いている中、僕はものの10数分で2kg体重を減らせたわけですよ。女性誌も【夏までに絶対◯キロ減!】みたいな特集組むならもう北方謙三氏の「ソープへ行け」みたく「サウナへ行け」、これだけで良い気がしました。6文字です。たった6文字で解決です。編集長の校閲などの作業負荷も激減する素晴らしいジャストアイディアです。

話しを戻そう。
2kg痩せたと言っても身体からガッツリ水分が抜けてるから当然喉がカラカラなんですよね。

ー喉が乾いたら、水を飲みますよね?
はい、飲みます。
ー500mlのミネラルウォーターありますよね?
はい、クリスタルガイザーがありました。
ー飲みますよね?
はい、クリスタルガイザーを2本、計1ℓをガブ飲みしました。

そんなノリで水分補給をし、もう一回体重計に乗ってみたんです。

そうしたらですね、

 

体重2kg増えました。

 

ちょっとマジで意味がわからないです。「ファ!?」って声が出ました。一緒にいた友人も大爆笑してました。

戻りましたよ。見事に体重戻りました。1ℓしか水飲んでないのに2kg増えました。
「1ℓ=2kg」の公式が完成しました。新たな定理が生まれた瞬間ですよ。

もう、一生このわがままボディと付き合うしかないな、と覚悟を決めた瞬間でした。

〜最後に

「デブは物理の常識をも凌駕する」

 

摩擦メキシカン

投稿者プロフィール

Twitterで色んなbotの中の人をしてます。
自薦、他薦問わず美味しいお店情報などありましたら[info@deboo.info]までタレコミお待ちしております。(お仕事の依頼は不要です)

この著者の最新の記事

Deboo!NEWS

ページ上部へ戻る